小田急不動産

小田急不動産仲介サイト・TOP > 買いたい・TOP > 購入の流れ > STEP4 住宅ローンの申込み

購入の流れ

資金計画の立て方から、不動産売買契約、そして物件の引渡しまでの流れをご説明しています。現地見学のポイントやローン申込みの際の注意点など、不動産購入がはじめての方に役立つ知識をご紹介しています。

  • STEP1 資金計画
  • STEP2 物件探し・現地見学
  • STEP3 不動産売買契約
  • STEP4 住宅ローンの申込み
  • STEP5 残代金の決済・物件の引渡し
  • STEP6 引越し

STEP4 住宅ローンの申込み

住宅ローンの種類

住宅ローンには様々な種類があり、どの種類・商品を利用するかは取得する物件や条件、および今後の生活設計によって変わってきます。以下、主な住宅ローンの種類となります。

住宅金融支援機構のフラット35

住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して、提供している全期間固定金利の住宅ローン。

民間金融機関の住宅ローン

銀行、信用金庫、生命保険会社、ノンバンクなどの民間金融機関が提供している住宅ローン。

財形住宅融資

勤務先で財形貯蓄をしている人を対象とした住宅ローン。

一般的にフラット35や財形住宅融資などの公的融資より、民間金融機関のほうが融資を受けられる条件は緩く設定されていますが、金利や返済方法がローン商品によって異なるため、事前に確認しておくことが重要です。
特に、購入と売却を同時に進める買い替えの場合、手続きなどに専門的な知識が必要になるケースがありますので、不動産会社に相談することをおすすめします。当社でも、ご希望に沿った返済プランのアドバイスをさせていただきますので、ぜひ一度ご相談ください。

ローン申込み時に用意するもの

  • ・住民税決定通知書
  • ・重要事項説明書、不動産売買契約書の写し
  • ・収入証明書(または所得証明書)
  • ・実印と印鑑証明書
  • ・収入印紙
  • ・不動産に関わる関係書類 など

※ローン申込み時に用意するものは金融機関によって異なります。

物件のご紹介はもちろん、住宅ローンや税務上のアドバイスなど、お客様をしっかりサポートいたします。まずはお気軽にご相談ください。

購入について相談する

購入Q&A

Q

売買契約後にローンが利用できなくなった場合はどうなるのですか。

A

不動産売買契約書には利用する住宅ローンの金額と金融機関が記載されるのとともに、ローンが利用できなかった場合には契約の解除ができる旨が記載がなされているのが一般的です。よって、実際にローンが利用できない場合には売買契約を解除することできます。その際、支払った手付金は買主に返却されます。

新着物件メール配信

新着の物件情報を見逃したくない方へ!

配信を希望する

購入相談

メールアドレスのみでご相談いただけます!

購入について相談する

お役立ちメニュー

まずは購入の全体像を知りたい

不動産購入の流れ

購入可能不動産価格を知りたい

ローンシミュレーション

ページトップ