売却の流れ

価格査定、媒介契約といった不動産売却の一連の流れをご案内しながら、不動産売却に必要な基礎的な知識をご説明しています。Q&A形式でよくある質問にお答えしていますので、売却をお考えの方はぜひご覧ください。

  1. 1売却相談

    売却を考えはじめたら不動産会社に売却希望価格や売却希望時期などを相談します。その際に売却にかかる諸費用なども確認しておきます。

    売却相談 イメージ画像
  2. 2価格査定

    価格査定を行い、売却する上での参考価格を把握します。査定価格をもとに売却価格の目安を把握し、売却に向けて準備しておきます。

    価格査定 イメージ画像
  3. 3媒介契約の締結

    お客様と不動産会社との間で、媒介契約を結びます。 媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。

    媒介契約の締結 イメージ画像
  4. 4売却物件の販売活動

    早期売却に向け、折り込みチラシやインターネット上の不動産検索サイトなどの媒体を利用して宣伝・営業活動を行い、積極的に購入希望者を探します。

    売却物件の販売活動 イメージ画像
  5. 5不動産売買契約

    購入希望者が見つかったら、契約価格や引渡し時期などの条件を調整します。買主と合意したら、正式な売買契約を交わします。

    不動産売買契約 イメージ画像
  6. 6残代金の決済・物件の引渡し

    引越しや抵当権の抹消手続きなどの決済に向けた準備を進めます。残代金の受領と同時に、買主に物件を引渡し、取引が完了します。

    残代金の決済・物件の引渡し イメージ画像