不動産売却のノウハウ

不動産売却のメリット・デメリットと見落としがちなリスクについて

不動産を売りたいとき、知っておきたい基礎知識があります。
その中でも特に、不動産売却のメリット・デメリットは、売却をはじめる前に確認しておきたい項目です。
売主にとってメリットが大きく、デメリットが小さければ取引を進めるきっかけになります。
一方で売主にとってのデメリットが大きい場合は、売却を見送るのも1つの方法です。
一般的には不動産売却は、「メリットが多く、デメリットが少ない場合が多い」という特徴があります。
メリット・デメリットとリスクについてご紹介します。

目次

不動産売却のメリット・デメリットの関係性とリスクについて

「メリット・デメリット」の関係性

不動産売却に関わらず、メリット・デメリットは切り離せない関係です。
なぜならメリットを得るためには、デメリットも享受しなければならない、いわば表裏一体の関係だからです。
そのため、不動産売却を検討する際に、売主にとって「メリットがデメリットよりも上回っているか」を確認しておきましょう。

「リスク」とは

リスクとは、メリット・デメリットの他に、想定される危険や損害の度合いのことです。
リスクはデメリットのような、切り離せない関係ではありません。場合によっては、回避できる場合もあります。
リスクを回避するためには、メリット・デメリットの関係性を確認した上で、不動産仲介会社との相談のもと、「売却プラン」を慎重に検討していくこが大切です。

不動産売却のメリット

不動産売却の一般的なメリットをご紹介します。

現金化できる(資産を運用できる)

不動産売却の最大のメリットは「現金化」できることです。使用していない不動産であれば、資産を現金化できます。現金化することで、資産を運用しやすくなります。
運用方法は個人によってもそれぞれ異なりますが、残りのローンを繰り上げて完済したり、売却代金を新たな不動産の購入資金にしたりなどの一例があります。

維持費が不要になる

建物は経年劣化をするので、定期的にメンテナンスが必要になります。
使用していない建物であっても、年数が経つごとに劣化していきます。そのため維持費はかかってしまいます。
もし使用していない建物を売却するのであれば、維持費の必要性がなくなるので、その分負担が軽減されます。

戻って来るお金がある

住宅ローンを組んでいる場合、売却代金で住宅ローンを完済すれば、ローン借入時に支払った保証料が銀行から返却されることがあります。

税金の軽減

不動産を所有すると、複数の税金がかかります。売却することでそれら税金の負担が軽減されます。

不動産売却のデメリット

不動産売却の一般的なデメリットをご紹介します。

一度手放してしまうと再度手に入れるのは難しい

一度売却してしまうと同じ物件をまた手に入れるのは非常に困難です。後悔のないように、売却プランを考えましょう。

諸費用がかかる

売却には譲渡所得税や仲介手数料などの諸費用がかかります。売却価格から諸費用を差引いた価格が「手取金額」となります。
場合によっては諸費用が大きくなることもあるので、事前に不動産仲介会社に相談しましょう。

手続きに時間を費やす必要がある

不動産売却は、不動産会社に売却の相談をしてから、引き渡すまで査定や契約の手続きが必要です。
手続きが進んでいくと「物件の販売活動」や、「購入者希望探し」を行うので、購入希望者が見つかるまでの期間も生じます。
そのため時間がかかってしまう場合もあるということを念頭に入れておきましょう。

不動産売却でのリスクとは

一般的なリスクの一例

  • 売却先が見つかるまでに時間がかかる
  • 売却のタイミングによっては価格が異なる

リスクは売主の所有している不動産の内容によって異なります。査定金額も、不動産仲介会社やタイミングによっても、異なることがあります。
そのため査定の依頼をする不動産仲介会社を見極め、売却のタイミングを相談して決めることが大切です。
また、「買い替え」の場合、売却を先にするのか、購入を先にするのかも検討のポイントとなります。
資金計画やスケジュールを考慮した上で決めましょう。

不動産売却の理由とは

不動産を売却する理由はさまざまですが、一般的に個人の不動産売却はどのような理由があるのかをご紹介します。売却検討の1つとしてご参考にしてください。

個人売主の売却理由(件数割合) 図

売却の理由は、東京圏、名古屋圏、大阪圏では「生活費に充てる」が最も多くなっています。
地方圏の場合、「買主の希望」が他の地域と比べて大きい割合となっています。
売却の理由はあくまでも統計です。
お客さまの売却のご事情は、当然それぞれ異なりますので、不動産仲介会社に相談の上、ご自身の事情にあった最適な売却プランを提案してもらいましょう。

参考:「国土交通省 土地保有移動調査結果(平成29年取引分)平成31年3月 」より

売却を検討されているのであれば一度ご相談を

不動産売却は、メリット・デメリットの他にも、知っておきたい知識や手順があります。
売却理由や条件などを加味した上で、どのように売却していくかプランを決定していきましょう。
プランを検討するには、専門的な知識やノウハウを備えた専門スタッフに相談するのがおすすめです。
まだ売却を決めていなくてもまずは、不動産仲介会社に相談することからはじめてみましょう。
小田急不動産では、訪問査定・簡易査定ともに無料で承っています。
お客さまの売却のご事情に応じた最適なご提案をさせていただきます。