不動産売却のノウハウ

タイトル画像

不動産売却の理由とは?ケース別にポイントをご紹介!

不動産を購入する理由がさまざまであるように、売却も売主ごとにさまざまな理由がございます。
売却のご事情如何によっては、売却方法の選択や税金面でも不利となることも考えられます。
一般的にどのような売却理由があるのかケース別にご紹介いたします。

目次

不動産売却のさまざまな理由

不動産の売却は、売主のご事情によって、前向きなご事情からネガティブなご事情まで多種多様な理由があります。
そこで、ケース別のさまざまな売却理由をご紹介します。

具体的な売却理由の一例をご紹介

不動産売却の理由で多い内容をご紹介します。

よりよい住まいへの住み替え

不動産を売却されるお客様で、最も多い理由の一つが、住み替えです。
より「広い」住まいや、よりよい住環境・自然環境への買い換えを希望される際に、買い換えの「資金」として、不動産を売却されることが多くあります。

家族構成の変化

時間の経過とともに、家族構成の変化に伴って、売却をおこなうケースもあります。
家族が増えて、現在の住まいが手狭になってきたという理由や、子供が巣立ち、手広くなってしまったというような理由で、
売却による買い換えをおこなうことも多くあるのです。

ライフスタイルの変化

通勤・通学先が変わるなど、ライフスタイルが変化したために売却をおこない転居されることもあります。
また、高齢夫婦のため、駅近マンションや老人ホームへの転居をおこなうために、現在の住まいを売却されるということもあります。

資産整理

近年増えてきている売却理由として、住む方がいなくなった空き家の売却や、相続した不動産を売却されるということもあります。
普段活用されていない空き家を売却することで、不動産が現金化できることや維持管理費・固定資産税等がかからなくなるというメリットもあります。
また、相続した不動産を売却する場合は、不動産を現金化し、相続税の納税資金に充当することを目的とすることや、
相続人が複数となる場合には不動産を一旦現金化し、相続割合に応じて分配するために売却をおこなうこともあります。

ネガティブな売却ご理由の場合

よりよい住まいへの買い換えなど、ポジティブな売却理由がある一方で、
「離婚」や「住宅ローンの返済の滞り」などネガティブな理由により売却を検討される場合も決して珍しいことではありません。
その場合の一例をご紹介いたします。

離婚のご事情の場合

離婚のご事情の場合には、夫婦が結婚生活の中で築いた財産をともに分割し、
財産分与をおこなうために住まいを売却することや当初夫婦の収入を合算し、住宅ローンを組んだ場合などには、
住宅ローンの負担が大きくなるため住まいを売却することもあります。

住宅ローン返済の滞り

住宅ローンを利用して住まいを購入された場合、思いもよらない収入の変化や、生活の変化などにより、
住宅ローンの支払いが厳しくなってしまうこともあります。
住宅ローンの滞納が長期化してしまい、銀行もこれ以上返済を見込めないと判断した際には、
抵当権が実行され、その不動産は競売により、裁判所を通じて強制的に売却をせざるを得ないケースもあります。
そのため、住宅ローンの支払いが厳しいと感じたら滞納が長期化してしまう前に、
できるだけ早い段階で不動産仲介会社に売却の相談をしてみましょう。

事件事故、瑕疵(かし)、周辺環境に問題があるなどのご事情の場合

「ご自宅で過去ボヤがあった」、「雨漏りしている」、「近隣騒音トラブル」などの不動産や周辺環境に問題がある場合、
売却条件が不利になるのを恐れて、できれば売却理由を伏せたいと考える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、不動産の購入判断に影響を与える内容は、買主に説明する義務があります。
そのため、話し難いご事情であっても信頼できる不動産仲介会社に相談をおこないご事情に応じた最適な売却方法を提案してもらうとよいでしょう。

ネガティブな理由の場合も一度ご相談を

離婚や住宅ローンの支払いが厳しいなどの個人的なご事情の場合、売却価格に直接影響を与えることは少なく、
たとえ、ネガティブなご事情であっても、購入希望者へ明確に売却理由を説明できることで信頼感を得られるでしょう。
不動産仲介会社は、日々さまざまなご事情による売却のお手伝いをしていますので、お気にせず、まずは相談してみることが大切です。

売却理由が売却活動にとって重要

不動産の購入を具体的に検討される購入希望者は、実際に不動産を見学される際、
「どのような理由で売却をされるのか?」という質問をすることが多くあります。
不動産の購入は、価格も高額で、人生に一度か二度経験するか否かの出来事となります。
購入希望者としては、不動産に関する情報について、詳細に知りたいと思うのは当然でしょう。
そのため売主がどのような理由で売却に至ったかについて明確であると、購入希望者は購入を検討しやすくなるのです。

売却理由を明確にして安心・安全な不動産売却を

これまで見てきたように、購入検討者の立場になって考えてみると、
これから購入する不動産が「なぜ売却されるのか」を知りたいということは当然のことですよね。
また、売却ご事情如何によっては、売却方法の選択や税金面でも不利となってしまうことも考えられます。
不動産を安心・安全に売却するためにも、売却ご事情は重要な要素となりますので、
売却理由を不動産仲介会社へ詳細に伝えて、最適な売却方法を提案してもらいましょう。

小田急不動産では、訪問査定・簡易査定ともに無料で承っています。
まだ、売却を決めていなくてもまずは、売却の相談をすることからはじめてみてください。
お客さまの売却のご事情に応じた最適なご提案をさせていただきます。