売却の流れ

6つのステップに分けて、ご相談をお受けしてから、不動産を売却してお引渡しするまでの流れをご説明しています。

  1. 1 売却相談
  2. 2 価格査定
  3. 3 媒介契約の締結
  4. 4 売却物件の販売活動
  5. 5 不動産売買契約
  6. 6 残代金の決済・物件の引渡し

1売却相談

不動産会社に相談

ご所有不動産の売却を考えはじめたら、まずは不動産会社にお客様のご要望やお悩みを相談してみましょう。
当社では、専門スタッフがお客様の売却希望価格や売却希望時期を考慮した上で、ご希望に沿った売却プランをご提案いたします。

不動産会社に相談 イメージ画像

小田急不動産ではWEBサイトからも売却相談を承っております。
まずはお気軽にご相談ください。

売却にかかる諸費用

売却には仲介手数料や譲渡税などの諸費用がかかります。
そのため、実際の手取り金額は売却価格から諸費用を引いた額となるため、概算の手取り額については、あらかじめ事前に確認しておくとよいでしょう。

手取り金額=売却価格-諸費用
主な諸費用
  • 仲介手数料
    売却が成立した場合、取引額に応じた仲介手数料がかかります。
  • 税金
    契約書に貼付する印紙税、売却の譲渡益が出た場合にかかる住民税や所得税が必要となります。
  • 登記手続き費用
    抵当権抹消費用や住所変更登記費用などがかかります。
  • 測量費用
    面積や隣地との境界を確定させる場合、測量のための費用がかかります。
  • その他
    引越し費用やリフォーム費用などがあります。

購入Q&A

買い替えの際、「売却」と「購入」はどちらを先にしたらよいですか。
どちらのケースにもメリットとデメリットがあります。資金計画やスケジュールを考慮した上で、どちらかを選ぶことになります。
  「売却」が先 「購入」が先
メリット 購入資金に充てる売却金額が決まっているので、資金計画・スケジュールが立てやすい 当面仮住まいや引越しの必要がないので、じっくりと購入物件を探すことができる
デメリット 引越し日までに次の住まいを探す必要があり、仮住まいをする場合は費用が多くなる 売却金額や売却時期のめどが立たないので、資金計画が立てにくい